カテゴリー別アーカイブ: 自転車

ありがたライド その3

前振り省略で、その2の続きから。

なにこれデカい

当たり前なんですけど、牛久大仏超デカい。ハンパなくデカい。そりゃ六本木ヒルズタワーから肉眼でも確認出来ますわ。
大きさがわかるような写真が撮れてないのだが、牛久大仏の周りは墓地になっていて、この写真に写っている墓石を比べると大きさがわかっていただけるであろうか。


DSC01301

残念ながらこの後成田山に向かうので時間の関係で中に入っての観光は割愛したが、サイクリストに優しく、サイクルラックが設置されていました。ありがたやー

IMG_3141

 

 

いざ成田山へ…、ところが…。

続きを読む ありがたライド その3

ありがたライド その2

もうGW終わりましたね。皆さんいかがお過ごしですか。
前回更新から、はや数ヶ月、 新年の話だったのに新年度を迎えてから掲載するという、素人ブログにありがちな、やらかし具合で申し訳ない。
では、出発から再スタート〜

スタートから昼食休憩まで

本来ならもう少し早めに出たかったが、気温も低く午前9時に出発。初めてのロングライドでどんなペースで走り出せばいいのかやら、どんな気持ちで臨めばいいのかわからず、とにかく一定のペースで走ることを心掛けた。
直前にサドルをSMPのものに変更。シートの真ん中に穴が開いていて、尿道付近の圧迫を和らげるサドルでロングライドの不安を解消できたらよかったのだが、はたして…。

国道6号を北上し、まずは柏を目指す。
距離にして25㎞。平均時速20kmちょっとで1時間と10分くらい。金曜日だったので交通量もある。
まだ柏か、もう柏か、ペースが速いのか遅いのか、経験がないので感覚がわからない。わかるといえば体調に関してで、体が軽いかとか寒さに対してはどうか、という程度しかわからない。
国道6号は、ペースを上げたくとも平日でトラックも多く、乗りなれてない身からすると大変気を使う。
北上するにつれ、交通量が減り取手を過ぎてからは一気にペースアップ。30㎞弱で巡航。
「お、これは楽勝じゃね?」と気持ちよく飛ばしてると、左手に日清の関東工場。カップヌードルからモクモクと煙が。

IMG_3135

途端にそろそろお腹が空いてきたかも、と意識したころに、左手に牛久沼の登場。周辺には「うなぎ」の看板。空腹にさらに拍車をかける。

続きを読む ありがたライド その2

ハンドル回り サイコンとライト

超絶明るいライト

ありがたライドになかなか出発しなくてすみません。
装備面でライドに微妙に関係してくるんで、ご了承ください。

 

フォーチュンバイクさんでロードバイク BMC SLR02を購入したときに一緒に色々買いました。

なかでも、お気に入りなのが、フロントのライト「ボントレガー ion 700」です。

20150207030646


Bontrager: Ion 700 USB Headlight (Model #10945)

 

これが素晴らしく明るい!そしてコンパクトでカッコいい。
なんと700ルーメン。
ありがたライドは結局日も落ちて夜間ライドになったのですが、大変役に立ちました。

ハンドルと一直線にしたい

ライトの取り付け位置ですが、出来ればハンドルの真ん中と一直線にしたい、と思っておりまして、通常、そのままではハンドルの真ん中に取り付けられないので、マウント用のアクセサリーを利用します。

購入したのは、こちら。TNIのカーボンメーターステー

 

それとSigmaのサイコンを取り付ける専用マウントを購入。

これらを組み合わせ、ライトとサイコンがハンドルの中心に位置するようにセッティングしました。

 

上から
20150113065705

正面から

 

20150113065624
横から

20150113065742

今後、アクションカメラとかアクセサリーが増えるまではこのセッティングで。

けつが痛いので Selle SMP HELLを買ってみた

ありがたライドの前に痛みを解消

前のエントリーで出発したところで終わったのですが、その前に尻の痛み(実際には尻というか尿道辺りの痛み)を解消すべく、シートを替えてみました。

元々ついてたのは、Fi’zi:k Ardea。
天下のFi’zi:kパイセン、素晴らしい乗り心地…、と思いきや、合わなかった…。

BMC SLR02を手に入れて、長距離ライドに備え、近所の荒川サイクリングロード(荒川CR)でトレーニングを始めたのですが、50kmを超えた辺りから尿道付近に痛みを感じるようになりました。

慣れの問題かと最初は思ったのですが、これは構造的に合わないんだろう、と思うようになりました。

こればっかりは仕方が無い、どんなサドルがいいかなぁ、とニヤニヤしながらネットで検索することにしました。仕方ないなぁー合わないなら仕方ないなー。

地獄という名のサドル

尿道付近が痛い、という事は、膨らんでる尿道辺りを受け止める部分が柔らかいか、窪んでいる、さもなくば、穴があいているサドルなら大事な部分を圧迫せずに済みそうです。

そこで、その様な形状のサドルでは評判のいい「Selle SMP」に辿り着きました。

値段的にもちょうど良さそうなモデルがこの「地獄」という名の「HELL」というモデルです。

このHELL、スペックとして、重量280g。付属してたFi’zi:k ARDEAが239gですから、41g程度重くなりました。もっと軽いサドルはずっと高価なので、サドルの形状が尿道の痛みを解消できるなら、より軽いSelle SMPのモデルを考慮してもいいでしょう。

こりゃええわ!!

HELLとは名ばかりで辛い尿道付近の痛みも解消。今までが地獄だったので、地獄からの脱出です。

正直ここまで改善されると思ってませんでした。
これなら長時間シートの上で過ごしても大丈夫そうです。こればっかりは個人の体型の左右されちゃうので、万人に勧められるわけではないのですが、フラットな盤面のサドルに尿道付近の痛みを感じてる方は一度お試しする価値はありそうです。
いきなり商品を買っちゃいましたが、お店によってはテスト用のサドルを貸し出してくれるようですし。

そうそう、シートポストにはFi’zi:kのストッパーが。
サドルが無くなってしまい、同じFi’zi:kのパーツが存在しなくなった今では、とても淋しそうにぽつーんと残ってます。

牛久大仏〜成田山新勝寺を巡る新年ありがたライド その1

Stravaからの挑戦状

使ってるサイコンなんですが、超絶マイナーサイコン、Sigma ROX10GPS

 

これ、当初、bd-1用に買いました。

というのも、bd-1は、折り畳み自転車であること、タイヤが小さいことからよくあるスピード・ケイデンス一体型センサーでは取り付けられない為、サイコンを買うにしてもセンサーが分割していることが第一条件になるのでした。

調査の結果、このROX10は

  1. スピードセンサーとケイデンスセンサーが別々になってること
  2. GPS内蔵

この2点が決め手になりbikeinnから購入しました。

このROX 10付属のログ管理ソフトが対応してるフィットネス管理Webサービスが、Strava

Stravaは、モチベーションを高めるいくつかの仕組みがあって、例えば一ヶ月にどれだけ距離を走れるか、どれだけ獲得高度を得ることが出来るか、一度のライドでロングライド(150km、100km)出来るか…など、PlayStationみたいにトロフィーが用意してあります。
さらにその目標に達するとオリジナルの限定ジャージが購入できる権利が獲得できたりします。

Strava | Challenges

今までbd-1で参加してたのですが、ちょっと無理ゲー(出来なくもないけど尻込みしてました)と諦めてたのですが、心機一転、これからはロングライドにもチャレンジします。

何処行くよ

とは言え、ロードバイク初心者。都内を横断して西側へ行くのはちょっと自信がない。
何処に向かおうか、ルートラボをぼんやり眺めます。

正月なので割とおめでたいところがいいなと思い、なぜか真っ先に牛久大仏が思い浮かんだのでした。


はてなブックマーク – 「六本木ヒルズ」から「東京スカイツリー」を見ると「牛久大仏」も見える!… on Twitpic

 

ルートラボで、牛久大仏に向かって筆を走らせ、出来ればStravaの課した150kmのライドもクリアしたい、と東京に向かわず成田方向へ。
じゃあ、新勝寺目指そう、とルートをなぞり、150kmを超える様に東京へ戻るルートを作成しました。

 

 

そして、ある晴れた日、初めてのロングライドとしてはいきなりの100km越えの「牛久大仏成田山新勝寺を巡る新年ありがたライド」に出発したのでした…。(その2へつづく)

ロードバイクを買うという暴挙 [2/7追記あり]

BD-1インプ記事の次のエントリーで何言ってんの!?

あけおめー

昔は年の最初の挨拶くらいちゃんと「あけましておめでとうございます」って言えやボケ派だったのですが、すっかりどうでもよくなってまいりました。

さて、去年秋に折り畳みなんだけど、走行性能も高くてビュンビュンスピード出るBD-1という自転車を買いました。

前から デザイン性の高さも相まって憧れてたし、手に入れた後はウキウキでしたねー。BD-1で何処にでも行きました。BD-1は小径車らしくキビキビした走りで、ストップアンドゴーを繰り返す都内(特に都心部)を走るにはうってつけだと思います。

一方で物足りなさ、例えば50kmを超える様な長距離辛い(振動吸収性能に劣るので疲れやすい)とか、坂に弱い(フロントのサスペンションの剛性がいまいちで上りでダンシングできない)とか、ちょっとずつ積み重なってったんです。
それと、折り畳みを買った一番の理由であった、マンションのエレベータが狭くて、ロードバイクを載せられない、という問題が実はロードバイクが乗せられることが判明。

我慢してた原因が取り除かれると、その想いは加速しますね(しんみり)

どれがいいかな

2015年モデル、評判がいいのはTREKのÉmonda。


Émonda – Trek Bicycle

 

このÉmondaの評判がやたらいい。評価で共通してるのは、ハイエンドからローエンドモデルまで他のブランドの同じクラスを比べたときに一つ上のクラスと勝負が出来る、ということ。つまり、Émondaのミッドレンジ「SL」モデルと他のハイエンドモデルといい勝負だ、って評価してる。
TREKというメジャーブランドだけに入手しやすくて、まずは第一候補。

もう殆どTREKにしようと思ってたんですけどね。
実際には別のブランドのロードバイクを買ったんですけども

ここで買うのが大前提

その前に何処で買うか、どこのロードバイク専門店で買おうか、っていうか、このショップで買おう、と決めたお店がありました。

フォーチュンバイクさん

サイクルスポーツ紙で取材に応じてるお店なので有名なお店だと思います。

実はフォーチュンバイクさんは、自宅から歩いて3分圏内!
こんな近くにプロショップがある!
初心者にとってこんなにありがたい環境はないですよね。

しかも店長錦織(にしこおり)さんの自転車への情熱はハンパなく、ちょっと質問すると時間の許す限りずっと語ってる(失敬)方で、真摯な姿勢には共感せずにはいられません。

去年の秋からフォーチュンバイクさんにて催されたBMCとSCOTTの試乗会に参加して、SCOTTの試乗会の時に、予算感と「Emondaいいですよね」「その価格帯って各社色々出してますよね」と相談してみました。

そこで錦織店長から、BMC、TREK、 SCOTTなんかを推してもらいました。

BMC SLR02 105あるよ

年明け、初売りの様子見&相談していい感じだったらオーダーしちゃおうかな、とフォーチュンバイクさんへ足を運んだところ、EmondaのSL5が在庫としてあるのは知ってたのですが、BMC SLR02 メインコンポーネントが105が展示してあるではありませんか。

BMCって在庫確保が難しいというかオーダーしても入荷待ちするのが当たり前だと思ってたのですが、予算ドンズバ、サイズばっちりのBMC SLR02が目の前にあるじゃないですか。

店長さんに相談したところ、「サイズもぴったりだしこれが一番いいよ」とすげー自信たっぷりに神々しく仰るので

つい「これください」と。

冗談抜きで、錦織店長はサイスポのBMCの解説に真っ先に呼ばれるような方なので(事実、BMCのショップリスト、東京都では一番上に表示されてます)、そりゃ自信たっぷりに商品を勧めますよね(初心者には頼もしい限り)。

[2/7追記]
それと、ロードバイクブームの昨今、欲しいロードバイクが必ず手に入るとは限らない現状が続いていると聞きます。
日本の代理店も躍起になって確保に動いているそうですが、特にヨーロッパのそれほど大きくないブランドでは、入ってくる数が圧倒的に少なく、ニューモデルの発表と同時に予約注文しないと確実に入手出来ないそうです。BMCもそういったブランドの一つで(他にはLOOKとかも)、事実、買いやすい価格帯のモデルがリリースされているにもかかわらず、絶対数が少ないのか、荒川サイクリングロードで見かけることは少ないです。
という事もあり、店頭にある、サイズがぴったり、逃したらいつ同じのが手に入るかわからないって事になるかも!という心理要素も働いてBMCに決めた訳です。

 

あっという間に納車

その週末にはもう納車されまして、

 

ジャジャーン!

IMG_3081

これからよろしくね!相棒!

 

BD-1納車!そして初めての立ち転け!〜インプレッションまで

待ってましたのBD−1納車!

2週間待って、いよいよBD-1が納車されまして。

それまでにボトルケージ、BD-1はボトルケージのねじ穴がないんで、ステムに固定するためのボトルケージホルダを購入。

うおー、やっぱかっけー。欲しかったもんなぁ。

一度家に帰って、買ったボトルケージを取り付けて、早速軽く近所を走ってみよう、とお出掛け。

最初だけど、近所だし練習必須だよね、と、ビンディングシューズでお出掛けです。

いきなり転けた!

右足をビンディングにセットして、カチッとクリック音がして、がっちり固定。おお、いいぞ。嵌まった。
よし次は、反対の足だ…。

で、ここでその場で嵌めようとするから駄目なんですよね。走り出して、安定してから反対の足をセットすべきなのに嵌めよう、固定しようって意識ばっかり先走って、案の定立ち転け童貞卒業。

そうかそうか、焦る必要無いんだ、右足で漕いで安定してから嵌めればいいんだ、ましてや片面フラットで漕ぎ易いじゃん…。

写真は、近所の公園でパシャリ。

ふむふむ、なるほど。こんな乗り味なのね

実は折り畳みとして、DahonのOEM(多分ちょっと古めのルート)を持ってます。
このDahon、変速機がシマノのTourneyで脚を余しちゃうんですよね。もっと漕げるのに一番重いギアでも前に進まなくて、疲れるだけでした。近所の買い物の足なら十分なんですけどね。

それに比べてBD-1の速いこと。ギアも十分過ぎます。シマノの小径車専用コンポーネントCapreoがビシバシ決まります。

所有してるDahonもそうなのですが、BD-1もダンシングしにくい。小径車は元々ダンシングに向いてないですけど、BD-1はもっとしにくい。噂には聞いてたんですけどね、フロントのサスペンションが弱くて逃げる、って。
さらに、キャスターオフセットがないから(そうらしい)、手放し運転が出来ない。つまり直進性に劣るんですよね。

とはいえ、スピードの乗りはいいですね。あっという間に40km/h位出ます。 ビンディングシューズも履いてますしスピードは出ます。流石Speedという名前だけありますね。それにストップアンドゴーも得意なので、都心を走る分には気持ちよく走れますね。

ちょっと苦言

今回買ったYs Roadさん、まぁ大手ショップですし、ラインナップの豊富さとかその後のフォローも考えて購入したんですが、商品知識の無さから余計な物まで購入させられちゃいました。

追加購入した「ベル」「後方ランプ」全て付属品がありました。買わせる必要ないです。

一番の問題は、フォークコラムのネジが緩くてハンドルが曲がったことですね。あれ。ハンドルがまっすぐ向いてない…。持ち込むのめんどくさいんで、自分で直しましたけどちょっとなー。

満足度が高い車種だったんで、残念だったなぁ。

今後の予定

とりあえず、山道とか辛そうなんで海方向に向かおうかと。考えてるのは千葉方向、九十九里とかいいなーと。
疲れたら輪行バックに納めて電車に乗って帰っちゃえばいいんで。

家からスタートじゃなくて、電車に乗ってスタート地点に向かうってのもやりたいな。
やっぱり、しまなみ海道・とびしま海道は行きたいです。

はー、楽しみ。

BD-1購入

エレベーターと自転車

前からスピードの出るロードバイクが欲しかったんです。

その一方で賃貸住まいの我が身にはエレベーターの広さもネックになりまして、折り畳みしか無理なんじゃね?と、折り畳みで早いのをチョイスする事にしました。

※でも多分折り畳みじゃなくて普通のフルサイズのロードバイクでもエレベーターに乗せられたかもしれないなぁ、と思ってる。

いざ購入を決意したものの

最初に考えたのはKHSのF-20シリーズ

折り畳みでブルホーンハンドルで18〜20速!価格もこなれててこれしかないだろう、と思ってy’s roadの上野に行ったら売り切れ…。

おお、Dahon のMu elite がまだ残ってるじゃないの!

いやいやまてまて、23万は高い過ぎる。

そこで、店員さんに相談。

  • 本当はロードバイクが欲しいけど、エレベータが狭いので難しい。
  • 長距離走れるフォールディングが欲しい。
  • 往復50kmくらい走りたい。
  • どうせフォールディングを買うなら輪行しやすい方がいい。
  • 予算は20万くらいで好かねー。

以上を踏まえて在庫の中からDB-1推し。

マジか。BD-1かー。

BD-1と俺

昔からDB-1には憧れもあった。

特徴的なフロントサス、コンパクトな車体、カスタマイズの自由度…。

自分の性格からしてカスタマイズで凝って金食い虫になりそうと自重してたんだけどなぁ…。

で、なんだかんだで、観念してBD-1に決めたんですが、モデルはスピード出る奴の方がいいな、って事で、BD-1 Speed Ltd. !

LINEUP(ラインナップ)|BD-1|ミズタニ自転車株式会社
※この記事が掲載された当時、ミズタニ自転車ではDB-1の取扱いがありましたが、現在は、パシフィックサイクルジャパンより「birdy」(日本以外では元々この名前で販売されている)として新たに販売されることになりました。

 

1bdspor1200

色もオレンジ!

金食い虫め!(にやにやしながら)

購入時に追加したオプションは

  • 輪行に便利な EDS テレスコピックポーター20140906234447
  • ペダルは片面はビンディング、片面フラットで普通の靴でも乗れる、シマノPD-A500
    SHIMANO(シマノ) PD-A530-L [EPDA530L] SPDクリート付ペダル ブラック
  • 納車時に丁度入荷してたぜ、シマノSPDビンディングシューズ(クリッカー) SH-CT80
    SHIMANO(シマノ) SH-CT80GO サイズ:42.0 シマノサイズ cm 換算(近似値 26.5cm) SH-CT80GO グレー/オレンジ
    立ち転け怖いけど、長距離乗るならビンディングシューズ要るだろう、と購入。
  • スピード出すんでメットも購入。安売りしてたOGK FIGO
    OGK KABUTO(オージーケーカブト) FIGO[フィーゴ] M/L ブラック

その他、鍵とかライトとか買ったけど、割愛。

実際には、納車後にこの記事書いてるんだけど、納車までのワクワクした感じはたまらんかったなー。納車まで2週間、結局カスタマイズされたBD-1の写真ばっかり見てた。

って、そうじゃないでしょ、走行するのが目的でしょう!