12月5日のライドと服装のメモ(ただしウェアの画像無し)

Pocket
LINEで送る

2015年12月5日のライドは寒かった

今日は武蔵五日市駅スタート、都民の森〜風張峠〜奥多摩湖周遊〜秋川街道(二ツ塚)〜武蔵五日市駅へ戻るコースを走ってきました。

駅に降り立った僕「うわ、さむっ」
もう12月ですもんね。そりゃ寒いですよね。
幸い、今日は晴れてたので、日中の気温は上がりましたが、晴れた分、朝は逆に冷え込んで、武蔵五日市駅の午前9時頃には気温4度くらい。予想はしてたものの、実際に走ってみると受ける風のため、体感気温はもっと下。予想では最高気温13度。おそらく、風張峠山頂では、気温10度を超えなかったかもしれません。

写真を撮り忘れてしまったんですが、あの気温であのウェアだとどう感じたかをメモ程度に書き留めておきます。

ウェア詳細

ポイントはベースレイヤーとして、メッシュのショートスリーブを一番下に、その上に長袖のベースレイヤーで、汗の吸湿と速乾、寒さに対応しようと目論みました。
下は、正直迷ったんですが、まだ大丈夫だろう、とサーマルビブとニーウォーマーの組み合わせ。
ウィンドブレーカーのNotch H2Oは、コンパクトに畳めないんですが、十分な防風機能であることは前回のライドで確認済み。

2週間前のライドでは、Craftのロングスリーブではなく、 Rapha Merino Base Layer – Short Sleeve と、Mavic Echappee LS Jersey という裏起毛のジャージを着たんですが、今回はビブとシューズカバーとジャージをRaphaで揃えてみました(この3点はすべて本体もしくはさし色が蛍光グリーンで揃えているので見栄えが大変いいのです)。

じゃあ実際どうだったか。

前述の装備で約90km、獲得標高約1300mを走ってきました。
感想を箇条書きで。

  • 1000mクラスのヒルクライム=ダウンヒルだと、たとえ最高気温10度越えようがニーウォーマーでは寒い。タイツが最適だな。
  • ベースレイヤーの組み合わせは正解。寒さはあまり感じなかった(寒く感じたのは下から来るものだったと思う)。
  • 満を持して投入した(今まで使わなかった)RaphaのOversocks、寒かった…。平地の練習(荒川CR)とかならまだ行けそう。峠に行くなら防風のシューズカバーが必要だった。
  • グローブは、フルフィンガーはちょっと早いかなーと思ったけど、全然そんな事はなかった。
  • 武蔵五日市駅のコインロッカーに荷物預けるなら、帰りの下着を持って行けばよかったか。ちょっと湿ってて、電車を待ってる間に冷えてしまった。

12月5日の模様(iPhoneだけど)

IMG_0293_resize
冬でもコーラ
IMG_0294_resize
風張峠の頂上付近
IMG_0297_resize
天気がいいときの月夜見第一駐車場からの眺めは最高だな
IMG_0301_resize
月夜見第一駐車場をもう一枚
IMG_0304_resize
「山のふるさと村 やませみ」でコロッケ定食。直前に似たような形状のカレーパンを食べたのに
IMG_0306_resize
奥多摩湖小河内ダム
IMG_0305_resize
奥多摩湖小河内ダムをもう一枚
IMG_0312_resize
実はこんな施設があって、レストランまであるのは知りませんでした
IMG_0307_resize
奥多摩湖小河内ダムをさらにもう一枚
IMG_0313_resize
ライドの締めに唐揚げ棒

 

もっと遠くを走りたい。好きなだけ、好きなところを走りたい。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です